刺しゅうと旅する

ARTICLE PAGE

手芸本 フランス 1972年 刺繍デザイン

昨日のブロカントの戦利品。
ボロボロな外見はともかくとして、中身はしっかりしていた。


大判型紙が2枚入ってて、やたらとデザインが掲載されており、お得感満載。


一番嬉しかったのはこれ。ドイリーのフチ部分のデザインがたくさん掲載。


レースはお手上げ。これ文字だらけだけど作り方の指示書。


こんな巨大なアヒル作れないけど、指示書が雑すぎる。


アルファベットは定規か何かで書いたようなデザインだが、すごくカワイイ。



感想として、実家の母が持っている1970年代の手芸本の方がとても充実していて分かりやすいと思った。
フランスはオシャレ。

こっちのフランス人の刺繍仲間たちもオーストラリアの手芸仲間も「日本の本わかりやすい」と言ってくれるので、かなり日本の手芸本はレベルが高いんでしょうね。




関連記事

0 Comments

Post a comment