Welcome to my blog

パリ生活 My life in Paris

フラゴナール展 美術館

0 0


本日、行ってきた「恋するフラゴナール展」。ロココ絵画の代表的画家フラゴナールの大ファンの私にとっては感動、感動の美術展で涙目になりながらの鑑賞でございました。

高ぶる感情を抑えつつ、じっくり鑑賞してきた。


場所はサンジェルマン デ プレ界隈にあるミュゼ リュクサンブール。



日本語ガイドもしっかり借りて、いざ出陣。


平日にも関わらず、結構な混雑ぶりだった。




フラゴナール好きなら、どの絵もみた事ある物ばかり。
実際に本物を目の前にすると、筆のタッチをよく見る事ができ、立体的に見せる技術等を巧みに使っていることがよくわかる。

#これはフラゴナールの師匠ブーシェの作品。






官能的な絵が多いフラゴナールの作品だが、ロココ時代の象徴的な色遣いで、後に出てくる印象派達に大きく影響を与えた話は有名だ。



この二つの絵は、デュ・バリー夫人がフラゴナールに発注した絵という事を今日初めて知った。
デュ・バリー夫人とは、ルイ15世の公妾で、娼婦出身な為にマリー・アントワネットとはソリが合わなかった話はあまりにも有名な話。性格がとても良い人だったらしく、ヴェルサイユ内ではとても人気があったと本に記述されている。
最期は、ギロチン台に送り込まれるという数奇な運命を辿った女性。









お土産コーナーも充実。









じっくり鑑賞し、二度も館内を見て回ってしまった為、外を出る時は真っ暗。



今夜は、売店で購入したフラゴナールの本を再度堪能するつもり。
良い日だった


関連記事
東京福岡リボン刺繍リュネビル刺繍フランスパリ刺繍刺繍教室リボン刺繍教室東京

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply