刺しゅうと旅する

ARTICLE PAGE

ワークショップ

先月から何度となくメールをやり取りしていたアーティフィシャルフラワーの先生のワークショップに今日は参加してきた。

当初は先生のアトリエでのレッスンへ参加しようと思っていたのだが、電車も通らない山の中の僻地に住んでいるため、「友達のレース屋さんとこでワークショップをする約束をしているからそこに来て」と言われシティから1時間半の遠い場所へ行ってきた。

10時からのスタートに合わせ早めに来てベンチでコーヒーを飲んでいたら、遠くから「えびす~!」と大きな声で呼ばれた。
やはり、日本から来るという事で多少は心配してくれていたようで「本当に会えるなんて、なんて今日は素晴らし日なの!今、私はとても興奮してるわ!」と先生から声をかけられた。
こういう時の英語圏の挨拶って、本当に素晴らしい。いつ聞いても気持ち良い。

因みに、ワークショップの近所はこんな場所。素敵すぎて、年甲斐もなくキャッキャッとしてしまった。
IMG_17211.jpg



「今日は特別な日だから、えびすは私の席の前に座るのよ。私がすべてフォローするから心配しないで」と言われ、手とり足とり教えてくれた。
1711.jpg


レースもお花もフランスから買い付けてきたらしく。フランスへ戻る楽しみが、また1つ増えた。
今回のワークショップは刺繍とは違う分野だけど、感性を磨く事が目的で参加した。
でも・・・はまりそう。楽しくて、楽しくて。

オーストラリア人(オージー)の女性は、本当に手芸が大好きだというのが分かった。
彼女たちはいつも情報交換をしていて、楽しそう。

最後に、みんなで記念撮影。
workshop linen



関連記事

0 Comments

Post a comment