刺しゅうと旅する

ARTICLE PAGE

今日のできごと

本日はアードフィルへ刺しゅう作品を渡しに代官山まで歩いて行ってきました。

恵比寿は代官山の近くにあるものの私の家がある場所は南麻布と白金台と広尾に隣接している場所でちょっと距離があります。
歩くと20分程度かかります。走ると15分以内。。。走った事はありませんが。
しかも代官山は坂道を登っていかないと辿り着けない為、結構な運動になります。
本日も健康第一を掲げ、ハイヒールをカツカツさせながら徒歩で行ってまいりました。

今日はオーナーの秋山さんと会えるのも楽しみにしていましたが、パリからKyoko Sugiuraさんが仕事でこっちに戻ってこられていてアードフィルでお会いする事を楽しみにしていました。
滅多に間近で見る事ができないSugiuraさんの刺しゅう作品を見せて頂き、感動もひとしおでした。
やはり作家が心を込めて一針一針縫い上げている作品は素晴らしく、特にパリコレの第一線で活躍している彼女の作品は宝石のようにキラキラ輝いていました。
作品からもSugiuraさん自身からもすごく良い気をいただく事ができて良い日となりました。

最近、繋がりのある刺繍作家の方たちからは特に良い刺激と良い気を頂いています。
なるべく悪い気はもらいたくないので、良い方達ばかりと付き合おうとしているのが功を奏しているのかもしれません。


さて、こちらは大ファンであるヒグチユウコさんの本です。
この方の独特な世界観にいつも引き込まれ、本屋で立ち読みしてるといつの間にか最後まで読み進めてしまっている事もしばしば。
昨日は「ほんやのねこ」を購入しました。
fc2blog_2018112613582073a.jpg
一番大好きな絵本「すきになったら」は、書店で立ち読みしながら涙が止まらなくなってしまい困ってしまった事もあるほどです。
それほど引き込まれてしまうヒグチワールドですが、この本は思わず「くすくす」と笑ってしまう内容です。
良い絵本でした。

それでは本日も良い時を読者の方が過ごされていますように。

えびすみつこ


関連記事
福岡の新鋭刺繍アーチスト 梶原さん
PREV
NEXT
山登り(奥多摩)