Welcome to my blog

刺繍旅アメリカ生活

年越の夜 アメリカ

年末年始は普段と変わりなく過ごし、刺繍作品を作っていました。
普段と違う事は夜に年越パーティへ参加したくらいです。

最近はお正月を特別なイベントに感じなくなってしまいました。
昨年の年越しはパリから香港へ向かう飛行機の中過ごしましたが、今年は地上で友人たちと過ごせたので幾分正月らしい気分を味わえました。


12月31日の朝は、テレビでニュースを見ているとシドニーの年明けがライブ放送されていました。
IMG_4740_Fotor.jpg
こことシドニーは時差が17時間あります。

街の様子はというと、この日は休業しているお店が多かったです。
IMG_4609_Fotor.jpg


年越しは、友人夫婦の家で過ごしました。
夜9時集合と言われ、ドレスコードは"スマートカジュアル"を指定されていたので、ちょっとだけおしゃれをして参加しました。
持参物は「アルコール以外は持ってこないで」と言われたのでシャンパンにしました。
IMG_4769_Fotor.jpg
到着すると、スマートカジュアルどころか全員フォーマルでした。
私の洋服のセレクトは完全に失敗していました。


約10名程度の招待客が集まりました。
IMG_4784_Fotor.jpg
私は旦那さん(パノ)の方を知っていて、彼が仕事で東京に来る時は皆で集まり食事をしたり奥様用のお土産購入に付き合います。奥様とは初対面でしたが、日本大好きな人なのでこの日はすぐに打ち解ける事ができて良かったです。

この日はインターナショナルな雰囲気の年越しパーティとなりました。招待客は全員パノの友人たちです。
パノはギリシャ出身で奥さんは南アフリカ出身、両親もギリシャ・アテネから参加、弟さんはパリ大学へ通っているのでフランスから参加していました。必然的な感じでアメリカ人参加者達の会話は「自分の祖先はドイツ系が多くて」「うちの親戚はイタリアとスペインに多くて」等と会話の共通点を探る感じに。

立食でアルコールを片手に皆で打ち解けた後は、椅子数の関係で2手に分かれてディナーが始まりました。
各テーブルにネームプレートがあり、私の席は横がパノのお母様で、前はパノの友人の奥様でした。
IMG_4787_Fotor.jpg

食事は全てパノママお手製ギリシャ料理で肉料理中心でした。
私はこのザクロのサラダを気に入りました。
IMG_4780_Fotor.jpg

IMG_4786_Fotor.jpg



子連れの人たちもいましたが、夜遅い事もあり子供たちはプレイルームで寝かしつけられていました。
IMG_4762_Fotor.jpg

IMG_4781_Fotor.jpg



いよいよ0時を迎える時には部屋を暗くし、庭へ出て花火とラッパを吹きました。
近所迷惑など御構い無しって感じです。ギリシャ人のご両親たちはアメリカ式の年越しに目をパチパチし、怪訝そうな表情でした。
IMG_4804_Fotor.jpg
この後はダンスパーティへ。みんなで踊りました。
パノのご両親は相変わらずニコリとも笑っていませんでした。
その表情を見て、私は笑いを堪えるのに必死でした。

今年は楽しく新年を迎える事ができて良かったです。



それでは床につきます。
みなさまが良い日を過ごされていますように!

おやすみなさい。
関連記事
タンブール刺繍大阪東京リボン刺繍福岡リュネビル刺繍アリワークオートクチュール刺繍刺繍教室