Welcome to my blog

刺しゅうと旅する

日曜日なので市内を散策

そろそろ、こちら来て1ヶ月になる。まだ汚さには慣れないが、街の地理はだいたい把握してきた。今日は電車とバスを使って、いろいろな場所に一人で行ってみることに。意外にも、日本人の駐在員の奥様達は、旦那さんの会社が用意してくれている車を自由に使えるので、電車もバスも乗った経験がない人が多く、英語を話せない人がほとんどだ。しかも、交通機関に乗るのが恐いと言っている為、私がバス通学していると話すと彼女たちは...

刺繍の課題を黙々と

今日は土曜日。バケツをひっくり返したような雨が続いている。日本人駐在妻達は全員休み。インド人生徒達も雨なので、出席者2人。3人しか生徒がいない中、黙々と課題を仕上げた。刺繍がはかどったなぁ、今日は。いつも、おしゃべりに時間を取られ手が疎かになってしまったりしていたので、今日は全員おしゃべり無しで集中していた。ザードジワーク(ビーズ刺繍)は針の使い方が難しく、まだ上手に縫えないので、先生にもっと早く刺...

アリワークの針の保存

謎の固形物に突き刺して針を保つ。こうすると、針先が錆びない為、インド人のアリワーク刺繍職人必須のアイテム。...

インドでバス通学

なかなかこんな経験している人もいないでしょう・・・と思うが、私は毎朝バスで通学している。これが物凄いのだ。座っているから画像が分かりにくいでしょうが、毎朝こんな満員バスに揺られている。最近はコツを掴み、女性専用のバスに乗っている。男女共用のバスはカレー臭とオヤジたちの体臭の臭いが入り混じり、何とも形容しがたい臭い香りが充満している。しかし、男女共用のバスに乗ると男性が席を譲ってくれるので座ることが...

刺繍用の木枠をオーダーメイドした

アリワークを毎日学校でしているのはいいものの、宿題を持って帰ってできないのでアリ刺繍用の木枠をオーダーメイドすることにした。枠は60cmの正方形で作ってもらい、大きさを調整出来るようスライド可能な木枠にした。また、ダイニングテーブルでも床で座ってもできるよう2種類の脚も作ってもらった。どこかの教室のページで廃材で作った刺繍枠を販売していたので、そういうのでいいかなと思ったがこっちの人達に話すと、「廃材...

今日もインド刺繍 Aari

私のアリワークのチューターは、とにかく縫うのが速い。そして、綺麗に縫う。職人技とは、こういうものかと毎日目を見張るものがある。縫う前の布張り。ぴーんと張る。ひとつの儀式。これはチャイ。一杯7円くらい。レッスンが煮詰まった時に飲み、頭をクリアにする。毎日、充実している。とくに良かったのは、良い仲間に恵まれたこと。来て三週間くらいだが、インド生活楽しんでます。...

好意は有難く

月曜日から土曜日までの6日間、毎日5時間から6時間(時間に幅があるのは、鍵を持つスタッフがいつも遅刻したり、スタッフの調子が良い時は10:00ー17:00まで学校が開いていることも)も学校にいると、さすがにみんなと仲良くなれる。私は毎日ホステルが用意する食事をお弁当箱に詰めて、ランチの時は皆で一緒に食べている。彼女達は地べたに座りバナナの葉っぱを皿代わりに手で食べ、私は椅子に腰掛けスプーンで食べる(手で食べるのは...

アアリ佳境に入る

ようやく、Wifiカフェを見つけた。インドは本当に不便。気が滅入る。我慢、我慢。糸刺繍(アアリ)のグレード1の課程も佳境に入ってきた。8割を終えた。学校では毎日5-6時間過ごす。楽しいので一日があっという間に過ぎる。以前、ここのレッスンは40日で120時間と書いたが、誤りでした。60日×5時間 300時間みたいで、自分で時間を調整しながら課題をこなしている。インド人だからか、頻繁にルールが変わる。今のとこはこのシステム...

不可植民 アリワークの先生が突然去り、新しい先生が来た

今朝は落ち込んだ。3食カレー生活にほとほと嫌気がさしたので、今日はホステル近所のレストランで朝食を取った。チャイとヨーグルト味の名前がもわからない料理とチップで100円くらいかな。そこから歩いて約3キロ先の学校へ向かう。途中、道端で横たわり死にかけてそうな少女か大人の女性かわからないがボロボロの藁みたいな物に包まっている人を見つけた。身体は浅黒くゴボウのようにガリガリだ。一旦、彼女の前を通り過ぎた。が...

インド 刺繍学校 カシミール刺繍

アアリの課程が修了したら習いたいと思っているカシミール刺繍。これは、同じ学校の鈴木さん(駐在妻)の課題作品。すごくかわいいデザインなんです。画像が悪いから、ステッチが分かりにくいが、実はこれ、テクニックをいろいろ要する刺繍で仕上げるのにとても時間がかかる。因みに、これは初心者レベル。プロが縫ったカシミール刺繍を見ると圧巻である。学校が終わり、学校の女性マネージャーのバイクに乗りホステルまでおくって...

苦労は絶えず インド アリワーク

毎朝、嫌な思いをしていることがある。それは、学校へ行く為にオートリキシャという現地の3輪タクシーと学校までの値段交渉をすることだ。現地人であれば、メーターを使ってくれるのに外国人だと分かれば絶対に使ってくれない。2キロで25ルピーのとこを40ルピー請求されるので、いつも格闘だ。と、言っても40円が57円になるだけの話だが。最近、自分の金銭感覚がおかしい事は認めるが、外人だから騙すというインド人ドライバー達に...

弁当持参の日々 インド アリワーク 刺繍旅

今、私が滞在してるホステルは女性専用は3食付きだ。私はシングル部屋を使っているが、他の人たちは2人部屋から8人部屋。すし詰め状態で寝ている。どうやら私は金持ちにみられているようで、何かと持ち物をジロジロ見られたりする。宿泊客の大半が地方から来ている女子学生なので、皆一様に真面目で勉強ばかりしている。ホステル内は安全だ。最初に利用していた4つ星ホテル(絶対に4つ星に見えない)は怖かったなぁ。水しかでな...

インド到着12日目 病院へ

インドは手強い。海外にあちこち行き始めて早20年以上経つが今まで一度も病院へお世話になった経験は無いのに、とうとうダウンしてしまった。自分にガッカリ。。。夜中に保険会社へ電話して、病院の手配を頼み、朝7時頃に学校へ寄り、課題を玄関先に置き、朝の通勤ラッシュのインド人が寿司詰め状態で乗っているバスに飛び乗った。しかも、途上国のバスというと、たいてい扉が無く、開いている穴という穴へと乗り込んでいるまさに...

アリワーク 学校でのレッスンスタート in インド

久しぶりの更新。インドはIT先進国と言われている割にはWifiを接続できる環境が少なく、更新できずにいました。一昨日、ようやく現地で携帯を購入し、3Gでアクセスしてます。学校でのレッスンは毎日5~6時間。結構ハード。最初の説明は一日三時間だったんだけど・・・今日はインドの祝日なので、レッスンはない。好きな事をしているからだからと思うが全く疲れを感じない。しかもホステルに戻っても夜中まで、刺繍の復習に没頭して...