Welcome to my blog

刺しゅうと旅する

インドのお菓子屋さん インドのキリスト教の教会

インドの物価は低いが、砂糖と食用油は高い。だから、お菓子は高価だ。インド人は甘い物が大好き。チャイにも、たっぷり砂糖を入れる。これで60円。(一般のレストランのランチは80円前後)写真を撮ってもいい?と聞くと快く対応してくれた。レストランで一人で食事をしていると、どこからともなく子供が寄ってくる事がある。スーッと横にくるので、時々びっくりする。外国人が珍しいのか、ハローハローと言われたり、若い子からは...

インド社会をウォッチ 貧富の差が激しい

あけましておめでとうございます。インド生活も三ヶ月目に入った。ようやくこの街の地理も把握し、いまはバスやタクシーみたいな三輪バイク等を使用し好きな場所へ行くことができるようにまでなった。私の場合、現地の駐在員たちの生活と違い、お付きの運転手がついたり、ナニー(お手伝い)がついたりするような生活を送っていないので、かなりの不自由を強いられているインド暮らしだ。一方、一般的なインド人の生活や考え方、ま...

インドでバス通学

なかなかこんな経験している人もいないでしょう・・・と思うが、私は毎朝バスで通学している。これが物凄いのだ。座っているから画像が分かりにくいでしょうが、毎朝こんな満員バスに揺られている。最近はコツを掴み、女性専用のバスに乗っている。男女共用のバスはカレー臭とオヤジたちの体臭の臭いが入り混じり、何とも形容しがたい臭い香りが充満している。しかし、男女共用のバスに乗ると男性が席を譲ってくれるので座ることが...

刺繍用の木枠をオーダーメイドした

アリワークを毎日学校でしているのはいいものの、宿題を持って帰ってできないのでアリ刺繍用の木枠をオーダーメイドすることにした。枠は60cmの正方形で作ってもらい、大きさを調整出来るようスライド可能な木枠にした。また、ダイニングテーブルでも床で座ってもできるよう2種類の脚も作ってもらった。どこかの教室のページで廃材で作った刺繍枠を販売していたので、そういうのでいいかなと思ったがこっちの人達に話すと、「廃材...

今日もインド刺繍 Aari

私のアリワークのチューターは、とにかく縫うのが速い。そして、綺麗に縫う。職人技とは、こういうものかと毎日目を見張るものがある。縫う前の布張り。ぴーんと張る。ひとつの儀式。これはチャイ。一杯7円くらい。レッスンが煮詰まった時に飲み、頭をクリアにする。毎日、充実している。とくに良かったのは、良い仲間に恵まれたこと。来て三週間くらいだが、インド生活楽しんでます。...

不可植民 アリワークの先生が突然去り、新しい先生が来た

今朝は落ち込んだ。3食カレー生活にほとほと嫌気がさしたので、今日はホステル近所のレストランで朝食を取った。チャイとヨーグルト味の名前がもわからない料理とチップで100円くらいかな。そこから歩いて約3キロ先の学校へ向かう。途中、道端で横たわり死にかけてそうな少女か大人の女性かわからないがボロボロの藁みたいな物に包まっている人を見つけた。身体は浅黒くゴボウのようにガリガリだ。一旦、彼女の前を通り過ぎた。が...

インド 刺繍学校 カシミール刺繍

アアリの課程が修了したら習いたいと思っているカシミール刺繍。これは、同じ学校の鈴木さん(駐在妻)の課題作品。すごくかわいいデザインなんです。画像が悪いから、ステッチが分かりにくいが、実はこれ、テクニックをいろいろ要する刺繍で仕上げるのにとても時間がかかる。因みに、これは初心者レベル。プロが縫ったカシミール刺繍を見ると圧巻である。学校が終わり、学校の女性マネージャーのバイクに乗りホステルまでおくって...

苦労は絶えず インド アリワーク

毎朝、嫌な思いをしていることがある。それは、学校へ行く為にオートリキシャという現地の3輪タクシーと学校までの値段交渉をすることだ。現地人であれば、メーターを使ってくれるのに外国人だと分かれば絶対に使ってくれない。2キロで25ルピーのとこを40ルピー請求されるので、いつも格闘だ。と、言っても40円が57円になるだけの話だが。最近、自分の金銭感覚がおかしい事は認めるが、外人だから騙すというインド人ドライバー達に...

弁当持参の日々 インド アリワーク 刺繍旅

今、私が滞在してるホステルは女性専用は3食付きだ。私はシングル部屋を使っているが、他の人たちは2人部屋から8人部屋。すし詰め状態で寝ている。どうやら私は金持ちにみられているようで、何かと持ち物をジロジロ見られたりする。宿泊客の大半が地方から来ている女子学生なので、皆一様に真面目で勉強ばかりしている。ホステル内は安全だ。最初に利用していた4つ星ホテル(絶対に4つ星に見えない)は怖かったなぁ。水しかでな...

インド到着12日目 病院へ

インドは手強い。海外にあちこち行き始めて早20年以上経つが今まで一度も病院へお世話になった経験は無いのに、とうとうダウンしてしまった。自分にガッカリ。。。夜中に保険会社へ電話して、病院の手配を頼み、朝7時頃に学校へ寄り、課題を玄関先に置き、朝の通勤ラッシュのインド人が寿司詰め状態で乗っているバスに飛び乗った。しかも、途上国のバスというと、たいてい扉が無く、開いている穴という穴へと乗り込んでいるまさに...

アリワーク 学校でのレッスンスタート in インド

久しぶりの更新。インドはIT先進国と言われている割にはWifiを接続できる環境が少なく、更新できずにいました。一昨日、ようやく現地で携帯を購入し、3Gでアクセスしてます。学校でのレッスンは毎日5~6時間。結構ハード。最初の説明は一日三時間だったんだけど・・・今日はインドの祝日なので、レッスンはない。好きな事をしているからだからと思うが全く疲れを感じない。しかもホステルに戻っても夜中まで、刺繍の復習に没頭して...

インドへの旅路 クアラルンプール KLCC空港

個性的すぎるクアラルンプール空港。ラウンジの横にテント張って寝てる。裸になり、ヨガをいきなりする人。...

インドへの旅路 クアラルンプール空港到着 エアアジア

羽田→クアラルンプールのエアアジアの便は予定よりも30分早く、マレーシア時間の午前6時に到着した。機内では、ほとんど眠れず。とても寒く、長袖のトレーナーにウィンドブレーカーではかなり冷えた。今後、エアアジアを利用される予定の方は少し厚着をされて搭乗することをお勧めする。10マレーシアリンギット(310円程)で毛布の貸出はしてくれる。しかし、かなり薄手のブランケットだ。機内での食事が独特だった。当然、食事は...

インド行きの荷物

今回のインド行きは、大量の荷物になってしまった。一番重いのが衛生関係の荷物。羽田到着。こんな時間なのに人が多い。初めて利用するエアアジアは予想通り、サービス面で期待できず。リュックは紐がたくさん出てるから自分で大きなビニールかなにかに入れろと言われた。良かった、東京都の粗大ゴミ袋の70Lを持ってきてて。羽田がこんなに便利な国際空港になるとは驚き。家から20分の場所から、世界中へ飛行機が飛んでいるのは有...

インドへ刺繍旅 羽田からクアラルンプールへ

Hello and Welcome to my blog page. First of all, thanks for all stopping by here. I share my ribbon embroidery( broderie au ruban ) work and tambour beading ( Lunéville ) on here. The main focus of this blog is to share my love for creativity with you. Stay tuned and keep coming here if you want to find any ideas for your nice work. I'll show you many topics as needle work on this blog. Thank you...

ビーズ刺繍を6000キロの彼方で学ぶ

まだビザの申請許可が降りていない。(多分降りてるはずだと思う。インド大使館の申請番号の紙を東京の自宅に忘れてきたので戻らないと分からない状況)再来週には出国する予定で動いている。行き先はここ。インドのような不衛生な場所に滞在する事が私に耐えられるのか心配です。あっちでの生活がまだ想像できないので、今回の選択に今更動揺してきた。既にインドに半年近く滞在し、先月帰国した男性の友人に状況を尋ねてみた。「...