刺しゅうと旅する

TAG PAGE: 刺繍と旅する

READ MORE

手芸本 フランス 1972年 刺繍デザイン

昨日のブロカントの戦利品。ボロボロな外見はともかくとして、中身はしっかりしていた。大判型紙が2枚入ってて、やたらとデザインが掲載されており、お得感満載。一番嬉しかったのはこれ。ドイリーのフチ部分のデザインがたくさん掲載。レースはお手上げ。これ文字だらけだけど作り方の指示書。こんな巨大なアヒル作れないけど、指示書が雑すぎる。アルファベットは定規か何かで書いたようなデザインだが、すごくカワイイ。感想と...
READ MORE

ドイツ デュッセルドルフの手芸屋

一言で言い表すと「メルヘンの世界にいるみたい」な生地が多かった。色が淡くて、見ている私自身もふわふわした気持ちに。まだ夕方5時くらいなんだけど、外は暗くなってきて屋台やクリスマスマーケットに人が集まってきていた。お隣のオーストリア・ウィーンに行った時も冬のシーズンはクリスマスマーケットは人だかりが出来大盛り上がりだったが、ドイツも同じ文化があるようで楽しく見て回った。ドイツ語圏だからかな。手芸の話...
READ MORE

香港へ 刺しゅうと旅する

この日をどれだけ待ち望んだ事か・・・福岡空港国際線サクララウンジ(JAL)デビュー。今から香港へ発つ。行きのCDG(パリ・シャルルドゴール)⇒HKG(香港)⇒FUK(福岡)の逆バージョン。福岡国際空港のラウンジは一度も使ったことがなかったので、ワクワクしていた。空港内で流れるアナウンスは博多弁訛りの英語で、胸の高まりがMAX状態に。結論からお伝えしておきます。羽田国際空港のJALラウンジでは、ビールのつまみくらいしか楽...